2024.01.06 – 謹賀新年~新風食研より新年のご挨拶~

 新年あけましておめでとうございます。
 本年も、新風食研、『若松の赭』への温かい、ご声援を宜しくお願いいたします。

 昨年は、トマトの醸造酒『若松の赭』の二度目の一般販売を迎え、多くの皆様にご購入いただきました。
 700本近い数の販売となり、酒販店、酒類問屋をはじめとした関係各位には大変なご尽力を賜りました。
 改めて、心より御礼申し上げます。
 応援いただきました皆様のおかげさまで、今年度醸造分は残すところ、100本程となりました。
完売まで引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

 さて、2024年は元日から大変に心の痛む出来事が続き、平穏に過ごすことができる日々の有難みに、一層感謝の気持ちを持ったスタートとなりました。北九州は、鳥町食堂街一帯で発生した大規模火災に見舞われ、若い世代も慣れ親しんだ小倉の歴史ある町並みが一夜のうちに一変しました。
 沈痛な思いはありますが、再び賑わいを取り戻すために、我々、新風食研が北九州のためにできることを考え、行動に移していきたいと思います。

 新風食研が掲げる、『大学での学び、食、発酵、そして【若松の赭】を通じて、北九州を盛り上げたい』という気持ちは決して変わることはありません。団体の持続的な運営には、まだまだ課題が山積みですが、2024年はより一層、新風食研の活躍を皆様にお届けできるように邁進してまいります。

 2024年が皆様にとって良い一年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。本年も宜しくお願い致します。
                                                           新風食研 一同